【自分の前世を知る方法】ヤフー知恵袋でヒントが見つかった!

ヤフーの知恵袋に、ふとした疑問や悩み事を気軽に書き込むと、不特定多数の第三者が答えを書き込んでくれたり、悩みに共感してくれます。

現実的な質問はもちろんのこと、目に視えない世界、スピリチュアルなことに関しての質問も意外と多いのです。

そこで、「自分の前世を知る方法」を教えて下さいという質問に寄せられた回答をまとめてみました。

自分の前世を知りたいと思う人は是非、最後までご覧下さい。

自分の前世を知る方法【知恵袋の回答】

ヤフー知恵袋の回答は、霊能力のある人に前世を霊視してもらう方法と自分で思い出して行く方法のふたつが寄せられています。

具体的に紹介します。

霊感を使う場合

霊能力のある人に霊視で前世を視てもらう

霊能力者や占い師の中には前世を視ることに特化した人も多くいます。

前世占いなどを利用すると自分の前世を知ることができます。

自分で前世を霊視できる能力を磨く

自分の前世に興味も持つことは、元々、霊能力があって導かれている可能性が高いのです。

前世の記憶は霊体に刻まれているという説もあるので、霊能力を更に磨くことで知りたいことに自ずと導かれるでしょう。

市販の前世リーディングなどのCDを使う

市販されている前世リーディングや覚醒(自分の能力に気付くこと)を促すCDはたくさんあります。

ぼんやりとした霊感をクリアにさせるきっかけを与えると自分の前世もわかるはずです。

自分で思い出す場合

年齢退行催眠や前世療法を受ける

年齢退行催眠や前世療法とは、脳内を今の年齢から少しずつ過去に退行してその時に感じたインスピレーションやビジョンを言葉に表現させる施術で、精神的な治療を目的としても使われる場合があります。

幼い頃の忘れていた記憶を思い出す過程の延長線上に産まれる前の記憶、更に過去に遡り続けると前世の記憶に繋がるというわけです。

しかし、深い催眠状態になり、隠れていた潜在意識を表面化させるにはかなり難しいテクニックが必要です。

催眠術に掛かり難いタイプの人は簡単には前世の記憶にまで辿りつけないかも。

フィーリングとデジャブが重なった情報が自分の脳に投影される時、前世を思い出す可能性が高まります。

自分の行動や得意なこと・苦手なことをヒントにする

無意識でしている自分のしぐさや行動に前世のなごりを見つけることができるはずです。

また、好きなこと、得意なことは前世に経験がある場合が多いのでヒントにしてみましょう。

例えば、やったことのないスポーツの攻略法が簡単に思い浮かんだ場合は、前世ではそのスポーツを極めていた可能性も高いでしょう。

また、逆に高いところが苦手な人は、前世で高い所から落ちたことがある可能性も。

前世に感じた恐怖心を覚えている証拠ですね。

自分の前世を思い出すために必要なことは?

自分の前世を思い出すためには、自分の前世はこれだ!という実感と確信が得られるような体験が必要です。

自分の前世がわからないのに、体験したことをどうやって実感できるのかと疑問が沸きますね?

不思議なことに、前世を確信できる体験した人の多くは、何故か自然に導かれて、腑に落ちて、そして確実にわかったと語っています。

自分の意志の様だけど、何か別の何かに指示されて動かされた感じたした場合、前世を思い出す体験になるかもしれません。

常に前世を意識することと、怖がらずにチャレンジすることが自分の前世を思い出すことに繋がります。

自分の前世に確証が得られない時は?

ヤフーの知恵袋に質問した人は、もしかしたら、色々と試してみたけれそ、自分の前世に確証が得られずに悩んでいるのかもしれませんね。

回答の書き込みの中には、前世の存在そのものを否定するものも見られます。

そもそも、前世の記憶って何故よく覚えていないのでしょう。

それは、はっきり覚えていることが今世の人生修行に悪影響を及ぼすからだともいわれています。

前世に確証が得られなかったり、否定して今の自分を精一杯に生きようと考えることも魂の成長に繋がるのかもしれません。

自分の前世が思い出せないことも来世に引き継がれる魂の成長にはプラスになっているわけですね。

前世を知りたいと思うことは魂の成長の表れ!

どうしても前世を知りたいと思うことは、魂の成長が著しく、次の段階にステップアップするタイミングです。

前世への興味は来世の自分自身への興味でもあります。

霊能力があっても無くても、自分らしい人生を楽しみたいと願う時、自然な形で前世がわかる体験に導かれて行くでしょう。

どうしても前世を知りたい人は電話占いで霊能者に魂の記憶を教えてもらいましょう!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA